Excelで数字の先頭「0(ゼロ)」が消える時の対処法!初心者必見

Excelで数字の先頭「0(ゼロ)」が消える時の対処法!初心者必見

郵便番号、電話番号、会員番号等をExcel(エクセル)に入力した時、数字の先頭の「0(ゼロ)」が消えずに済む方法をお探しですか?
この記事では、その対処法を解説しています。ぜひ参考にしてください。

Excel(エクセル)で数字の先頭「0(ゼロ)」が消える時の対処法

ここでは郵便番号を例に解説します。

下のエクセルシートの「郵便番号」に「0881234」と入力し、エンターします。

Excel(エクセル)で数字の先頭「0(ゼロ)」が消える時の対処法

「0881234」と入力したにもかかわらず①「881234」と先頭の「0(ゼロ)」が消えています

Excel(エクセル)で数字の先頭「0(ゼロ)」が消える時の対処法

それでは先頭の「0(ゼロ)」が消えないようにしてみましょう。

STEP1:入力するセルを選択

入力したい①「郵便番号」のセルを選択します。
②ホームタブをクリックします。
「数値の書式」の③「表示形式」をクリックします。

Excelで数字の先頭「0(ゼロ)」が消える!初心者必見
補足
入力対象のセルを選択する際(①の操作)、ここでは3行分のセルを選択していますが、選択対象のセルが多い場合は列選択(上の図では「C列」)しても大丈夫です。

STEP2:書式は「その他の表示形式」を選択

書式の「表示形式」で①「その他の表示形式」を選択します。

Excelで数字の先頭「0(ゼロ)」が消える!初心者必見

STEP3:セルの書式設定は「ユーザー定義」

「セルの書式設定」ダイアログが表示されます。
ダイアログ左上の①「表示形式」タブをクリックします。
「分類」の選択肢から②「ユーザー定義」をクリックします。
「種類」の入力欄に③「 000000#と入力します。これは郵便番号7桁全てを表示させることを意味しています。
忘れずに④「OK」ボタンをクリックします。

Excelで数字の先頭「0(ゼロ)」が消える!初心者必見
その他のケース
参考までに、郵便番号以外の「種類」の書き方は次のようになります。
パターン 桁数 種類
電話番号 10 000000000#
(9個の「0」と「#」)
携帯電番号 11 0000000000#
(10個の「0」と「#」)
会員番号など 13 000000000000#
(12個の「0」と「#」)

STEP4:郵便番号の先頭に「0 (ゼロ) 」が付いて完了

「セルの書式設定」ダイアログが閉じます。
① 郵便番号の先頭に「0」が付いて表示されました。

Excelで数字の先頭「0(ゼロ)」が消える!初心者必見

お疲れさまでした。

Excel(エクセル)で数字の先頭「0(ゼロ)」が消える時の対処法 / まとめ

Excel(エクセル)は計算ソフトなので、「数字」は「数値」として管理しようとします。そのために「数値」として不要な「数字」の先頭「0(ゼロ)」を消してしまうのです。

数字の先頭「0(ゼロ)」を消えないようにする方法として、書式の「表示形式」を「文字列」にする方法もあります。ただし、「表示形式」を「文字列」にすると計算ができなくなるので、汎用的に使える「その他の表示形式」を紹介しました。

郵便番号は計算する必要はないですが、「その他の表示形式」は便利な設定なので、覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク
【RECOMMEND】こちらの記事も人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください