WordPress 5.5のブロックエディタに不具合? Yoast SEO 使用時は注意

Wordpress 5.5のブロックエディタに不具合? Yoast SEO 使用時は注意

WordPress の投稿記事を編集しようとブロックエディタを開いたら、記事が消えてなくなり、ショートコードのブロックだけが表示されている状態になっていました。昨日までは普通に使えていたのに、突然の不具合です。このような状況になったら焦りますよね。

このページでは、筆者のWordpressで起きた事象と解決方法を解説します。Wordpress 5.5 のアップデートした時期と重なっていますので、同じような事象に遭遇した方は試してみてはいかがでしょうか。

WordPressのブロックエディタに起きた事象

まずは、Wordpressの投稿エディタが正しく開いたら時のキャプチャです。▼▼▼
Wordpressのブロックエディタに不具合? Yoast SEO 使用時は注意

次に、今回発生したブロックエディタの不具合時のキャプチャです。▼▼▼
Wordpressのブロックエディタに不具合? Yoast SEO 使用時は注意

記事の文章が一切なくなっており、ショートコードのブロックのみ表示されているのが分かります。
このキャプチャには載っていませんが、エディタを下にスクロールすると、「設定」フォームが画面一面に表示されています。

WordPressの投稿ができるようになるための解決方法

調べてみると「Yoast SEO」プラグインが影響していることが分かりました。
この不具合を解消するための手順は次の通りです。

  1. 「Yoast SEO」プラグインを一旦「無効化」します。
  2. 投稿記事のエディタ(ブロックエディタ)を開きます。記事はどの記事でも結構です。
  3. 開いたエディタの画面でブラウザーの再読み込みを行います。エディタ画面に変化がない場合は強制再読み込みを行ってください。強制再読み込みはWindowsの場合は「Ctrl+F5」もしくは「Shift+F5」、Macの場合は「Command+Shift+r」です。
  4. エディタ画面が正常な状態に戻ったら、「Yoast SEO」プラグインを有効化します。

筆者はこの手順で不具合が解消できました。

WordPressのブロックエディタに不具合 / まとめ

どうしてこのような不具合が起きたのか、原因は分かりません。

あくまでも筆者の推測ですが、「Yoast SEO」プラグインは非常に便利なSEOツールで高機能なため、Wordpressのアップデートによる影響を受け易いのではないでしょうか。今回もおそらくWordpressのバージョン 5.5 のアップデートで何らかの影響を受けたのではないかと筆者は考えています。

WordPressを使っていて何か不具合が発生した場合は、まずはプラグインを疑ってみるのが定石のようです。

スポンサーリンク
【RECOMMEND】こちらの記事も人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください