Excelで日付の表示がおかしい!5桁の数字になった時の対処法

Excelで日付の表示がおかしい!5桁の数字になった時の対処法

Excel(エクセル)では、日付「2019/12/25」を入力したのに「43824」と5桁の数字が表示されることがあります。

日付を日付として表示したい時は、Excel(エクセル)の書式を設定するだけで、日付が表示されます。

Excel(エクセル)で日付が5桁の数字に変わった場合の対処法

日付のセルの値が②5桁の数字に変わっています。

Excelで日付の表示がおかしい!5桁の数字になった時の対処法

それでは日付が表示されるように直しましょう。

STEP1:対象のセルを選択

日付を表示させたい①「日付」のセルを選択します。
②ホームタブをクリックします。
「数値の書式」の③「表示形式」をクリックします。

Excelで日付の表示がおかしい!5桁の数字になった時の対処法

STEP2:書式の「表示形式」を設定して完了

書式の「表示形式」で①「短い日付形式」を選択します。
日付の「表示形式」は「短い日付形式」と「長い日付形式」の2種類ありますので、希望の形式をお選びください。

Excelで日付の表示がおかしい!5桁の数字になった時の対処法

① 日付が表示されました。

Excelで日付の表示がおかしい!5桁の数字になった時の対処法
この操作後も日付に変わらない場合
書式の「表示形式」を変更しても日付に変わらない場合は、対象のセルをダブルクリックし、数字の横にカーソルがあるのを確認してから、エンターを押してください。これで日付に変わります。

お疲れさまでした。

Excel(エクセル)で日付が5桁の数字に変わった場合の対処法 / まとめ

Excel(エクセル)で日付が5桁の数字に変わる事象は、編集中に誤って書式を変えてしまうことで起きますが、日付をコピー&ペーストした時も稀に発生します。

Excel(エクセル)は日付を数値に置き換えて管理しています。この数値を「シリアル値」と呼びますが、日付が5桁の数字に変わるのは、この「シリアル値」が表示されることによって起きる事象なのです。

日付の「シリアル値」は日付の計算をする際に便利なので、覚えておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください