Chrome拡張機能“Page Ruler”にマルウェアが混入!不正なソフトの疑い

Chrome拡張機能“Page Ruler”にマルウェアが混入!不正なソフトの疑い

今朝(2020/3/6)、PCのChromeブラウザーを立ち上げると、ウィルスソフトがウィルスをブロックした旨のアラートメッセージを出力し、Chromeブラウザーを強制的にシャットダウンしました。

この時は何が起きたか分からなかったのですが、調べてみるとChromeブラウザーの拡張機能“Page Ruler”に「不正なソフトウェア」が含まれていた疑いがあることが分かりました。もちろん拡張機能“Page Ruler”は即刻「削除」しました。

注意
今回、筆者はウィルスソフトがウィルス感染をブロックしてくれましたので事なきを得ましたが、もしChromeブラウザーの拡張機能“Page Ruler”をお使いの方で上記のような事象が起きていない、もしくは何も発症していない場合は、ウィルス検査(スキャン)等で確認されることをおススメします。

このページでは筆者が遭遇した事象とその対処を解説します。

Chrome拡張機能“Page Ruler”に起きた事象と対処

PCのChromeブラウザーを立ち上げた際、“Page Ruler”に仕込まれたウィルスが起動されたようです。すぐさま、ウィルスソフトが反応し、駆除してくれました。ウィルスソフトは“ESET INTERNET SECURITY”を使っています。

下の画像は、ウィルスソフトの対応状況のログです。▼▼▼
Chrome拡張機能“Page Ruler”に起きた事象と対処

Chromeブラウザーを立ち上げて、強制的にシャットダウンされた後に再度立ち上げ直すと、拡張機能の“Page Ruler”をオフにした旨のアラートメッセージが表示されました。

Chromeブラウザーの拡張機能を確認してみると、確かに“Page Ruler”がオフになっており、さらに「この機能拡張は破損している可能性があります。この拡張機能には不正なソフトウェアが含まれています。」とのメッセージが表示されていました。
下の画像がその時のキャプチャです。▼▼▼Chrome拡張機能“Page Ruler”に起きた事象と対処

即刻、“Page Ruler”を削除しました。

“Page Ruler”の削除後、念のためにウィルスソフトによる検査(スキャン)を行いましたが、特に問題はありませんでした。

注意
「Chromeウェブストア」を確認しましたが、すでに“Page Ruler”は削除されていました(2020/3/6現在)。ただし、同名の拡張機能が存在し、そちらは有効(追加可能)になっています。

Chrome拡張機能“Page Ruler”にマルウェアが混入!不正なソフトの疑い / まとめ

Chrome(Google)側でも、“Page Ruler”に不正なソフトが含まれていることをキャッチし、該当の拡張機能を無効にする処置を行ってはいたようですが、ウィルス感染には間に合っていなかったようです。PCのウィルスソフトでブロックできていなければ、感染の可能性はありました。

Chromeブラウザーの拡張機能では、今回のようなマルウェアが仕込まれているものが時々発見されています。拡張機能は便利ではありますが、今回のようなリスクもあることを覚えておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク
【RECOMMEND】こちらの記事も人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください