【100ccは何ml?】ccとmlの違いとccが使われなくなる理由を解説

ccとmlの違いや換算! 【ccが使われなくなる理由】を解説

ネットのレシピや料理本に「100cc」と書かれていて、手持ちの計量カップは“ml”用しかなくて困っていませんか。

「cc(シーシー)」と「ml(ミリリットル)」はどちらも体積を表す単位で、物理的な量の違いはありません。つまり、

1cc = 1ml
ゆえに
100cc = 100ml

です。換算の必要もありません。

この記事では、cc とml が同じである理由を解説します。
そして、もう一つ。意外と知られていない、cc が使われなくなっていることもお伝えします。

ccとmlはどうして同じ量なのか

ccとmlは、それぞれの単位の成り立ちは違いますが、定義の基準は同じです。

ccとは
  • 1辺が1cmの立方体の体積
  • 立方センチメートル「cm3」の英語読み「cubic centimetre」の略
mlとは
  • 1 L(リットル)の1,000分の1(1/1,000)の体積
  • 1793年フランスで「1 Lは1立方デシメートル(dm3)」と定義

つまり、立方センチメートル「cm3」と立方デシメートル「dm3」は立方メートル「m3」の補助単位なので、ccとmlのどちらの単位も定義の基準はメートル法の立方メートル「m3なのです。

ccの定義は「1辺が1cmの立方体の体積(立方センチメートル「cm3」)」ですから、

1cm × 1cm × 1cm = 1cm3 = 1cc
となります。

次にmlの定義です。
まずは1Lの定義は「1Lは1立方デシメートル(dm3)」ですから、

1L = 1dm3 = 10cm × 10cm × 10cm = 1000cm3
です。
そして、mlの定義は「1Lの1,000分の1(1/1,000)の体積」なので、
1000cm3 ÷ 1000 = 1cm3 = 1ml
となります。

したがって、

1cm3 = 1cc = 1ml
が成立するわけです。

ccは使われなくなる単位

現在、世界の単位は「国際単位系(International System of Units、略称:SI)」によって統一されています。
日本でも1885(明治18)年に「国際単位系(SI)」の前身であるメートル条約に加盟し、尺貫法とメートル法がいっしょに使われるようになりました。

ccは日本でも一般的によく使われている単位ですが、実は世界の統一単位である「国際単位系(SI)」では使用が認められていません。また、日本産業規格(JIS)でも使用できない単位となっており、日本の計量法では取引や証明にはccではなく、主単位はcm3(立方センチメートル)、補助単位はmlを使うことを推奨しています。

この流れがよく分かるのが牛乳です。以前は牛乳の容量はccで表示していました。しかし、1992(平成4)年の計量法改正で体積の補助単位がmlとなったため、これに合わせて牛乳の容量もml表記に切り替わりました。
現在製造されている牛乳ビンの容量はmlで表記されていますが、時々 ccで表記されている牛乳ビンがあります。これは改正前に作られた牛乳ビンがリユースされて残っているものです。

アメリカでは手書きのccが「00(ゼロゼロ)」と見誤り、医療事故につながるとして、医療現場ではmlが推奨されるようになっています。

このようにccは日本だけではなく世界でも使われなくなる単位になりつつあります。すぐになくなることはないですが、ccが使われない時代が来るかもしれません。

L(リットル、「ml」も含む)はどうなの?
実はL(リットル)も「国際単位系(SI)」の基本単位ではありません。ただし、「SI併用単位」といって国際単位系 (SI) には属さないがSI単位との併用を認められている単位になります。
つまり、L(リットル)は“使っても良い”単位となっています。

ccとmlの違い / まとめ

この記事ではccとmlについて解説しました。
「cm3(立方センチメートル)」も含めてまとめると、

1cm3 = 1cc = 1ml

となります。

物理的な量の違いはありません。

ネットなどでは、ccは体積、mlは容積の単位と違いを示されることもありますが、公的にccが認められなくなった現在では、その違いもあまり意味をなさないことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください